田舎暮らし

雪の中、バーベキューを楽しみました。

更新日:

2日前に降った雪が残る嘉年に、高校以来の友人2人が遊びに来ました。

川魚の釣り堀

地元、福岡からなので山口駅で合流したのですが、嘉年や阿東のどこに連れて行こうかなと考えながら運転していると「釣り堀」の看板が。阿東地福(あとうじふく)の古屋敷養魚場さんでした。 ヤマメやイワナの釣り堀ということで友人が興味を示し、早速釣りをすることに。

システムとしては釣り竿・餌・バケツなどがセットで500円でレンタルできます(場代ですね)。で、一匹釣り上げるごとに300円の買い取り料が発生するという単純明快なシステムです。ちなみに釣った魚は全て買い取る必要があります。

釣りに熱中しすぎて釣り堀で写真を撮影しなかったのは本当に痛恨のミスですが、大の大人がワイワイ楽しみながら釣りを楽しむことが出来ました。

友人2人がどんどん釣り上げていく中、僕はアタリがあるもののなかなか上げるまでに至らず、「カエシがない針で釣るのはこんなに難しいものなのか…」と戦慄していました。(ちなみにカエシというのは一旦かかった魚を抜けにくくする針の先にある仕掛けの事です。ない場合、魚が餌を食べた瞬間にぐっと糸をひく『アワセ』という作業を的確にしなければ針が抜けてしまいます。)

釣り堀であわやボウズか…とガタガタ震えていたのですが、最後の最後で2匹釣ることができ、面目は保った(?)次第です。

友人が4匹、5匹釣っていたので合わせて11匹の釣果となりました。なかなかの釣果ですね。(釣り堀だから威張るようなことでもないんですが)

古屋敷養魚場さんでは塩焼きや唐揚げ、刺し身などにしてくれるサービスもあるのですが直前にランチを食べていたこともあり、その場で11匹も食べることはできないので持ち帰るという判断をしました。

雪中バーベキュー

せっかくなので持ち帰った魚は炭火で焼くことにしました!

※ちなみに僕の父は博多で「七輪炭火焼き ひら山」という店を営んでおり、七輪は父が持ってきてくれたものです。父さん、ありがとう!

雪の庭で炭火をおこす

さっそく七輪で炭を熾します。雪は2日前に降ったものが溶けずに残っているものです。

 

バーベキューの準備

ここに串と塩があるじゃろ?
( ^ω^)
⊃ 串と塩⊂

※雪に見えますが皿の上のものは塩です。
ヤマメに塩をまぶす

これを
( ^ω^)
⊃) 魚と塩と串(⊂
こうして
( ^ω^)
≡⊃串を刺して塩をまぶした魚⊂≡

 

ヤマメの塩焼き

こうじゃ…
( ^ω^)
≡⊃七輪でヤマメの塩焼き⊂≡

 

七輪でイワナの塩焼き

みるからに美味そうじゃろ?
( ^ω^)

 

さて、塩焼きに合うビールを友人が冷やしてくれていました。
雪の中のビール

キンキンに冷えてやがる…!
あ…ありがてえっ…!涙が出るっ…!

さて、ヤマメの方は…?
ヤマメの塩焼きを食べる
かぁ~~~~っ! 犯罪的だっ…! うますぎるっ…!(写真は友人)

海の近くで生まれ育ったので、あまり川魚を食べる機会は無いのですが、塩を効かせて焼くと川魚も美味しいものですね。山の味です。

 

ヤマメを七輪で焼く
11匹もあったのですが、ガンガン焼いてぺろりと平らげました。この後、ウインナーも焼いたりして存分にバーベキューを楽しみました。

 

雪の残る中で行ったのですが、風が全く無かったので寒さをあまり感じませんでした。(そういえば福岡は海が近いからか冬は風が強く、とても寒く感じました。)何よりも、雪景色が最高なので雪の中のバーベキューはちょくちょくやろうかと思っています。

 

福岡から来て僕と同様に雪が珍しい二人は雪で存分に遊んでいました。
雪で遊ぶ

今回ご紹介した古屋敷釣魚場さんの場所はコチラ。釣り堀も結構良いものですよ!

大きな地図で見る

-田舎暮らし

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.