田舎暮らし

雪国、嘉年の冬を越して。

更新日:

僕が活動を開始したのは昨年(2013年)の11月です。11月はまだ秋らしかったのですが、それから一気に冬に突入して、おそらく人生で一番雪を見た冬でした。山口県山口市ってこんなに雪が降る地域もあるんだ…って感じでした。

雪にはまる長靴

冬の平均最低気温は福岡が3~4℃、嘉年は-3、4℃と大きな差があるのでかなりの覚悟をしていました。実際、かなり寒かったです。

僕は寒さに強い方で、福岡にいるときは暖房もそれほど使っていませんでした。が、嘉年では石油ファンヒーターをガンガン炊いていました。今年の冬だけで150リッターくらいの灯油を消費していると思います。1バレルもの量です…。冷えに弱い女性とかだと250リッター位は必要だと思います。

朝起きて一番初めにすることといえばファンヒーターをつけることで、夜遅くまで暖房をつけていても室温は2℃まで下がっており、冷蔵庫の食材と同じ気分になれます。

とはいえ、もっとすさまじいものを想像していたので、冬の寒さは正直「そこまででもないな…」と思いました。

福岡の冬は風が強いので体感温度が低かったのですが(僕の住んでた地域が海の近くなので)、嘉年で風が強い日はほとんどなかったように思います。だから気温が低くとも、ソレほど厳しい冬というイメージはありません。

イメージトレーニングとして、映画「八甲田山」や「シャイニング」を見たのも良かったのかもしれません(笑)ベッドのシーツをファーっぽいモコモコの素材にしたのも良かったのだと思います。これは正解でした。見た目も「もののけ姫」の寝床みたいで気に入っています。

この冬一番困ったのは水道の凍結です。水道を凍らせることはなかったのですが、電気温水器から蛇口までのパイプが凍ることが3,4回あって弱いました。(断熱材を巻いていても凍るのです)来年はなにか対策をしないといけないなと思っています。

雪に埋まる車

雪かきをしなければいけない事はほとんどありませんでした。2,3回、15分くらいの雪かきをやっただけです。というのも家の前の道を除雪車が除雪してくれるからで、家の前が私道だった場合は(重機がなければ)気が遠くなるほどの作業を行わなければいけなかったハズです。(雪で車が埋まった時は仕事場まで歩いて行きました。近くなのでよかったです。)

屋根の雪下ろしとかは全くやっていません。嘉年でやるお家はおそらくないと思います。そこまでは積もりません。

ちなみに寒さのレベルで言うと北海道>山形>嘉年>新潟みたいです。山口県内でありながら、結構いいところにランクインしてますね!ただ、北海道が段違い過ぎます…。

ともかく、寒い地域の寒い季節という難所は登り切りました。これからは寒い地域の暑い季節なので、多少マシなのではないかと思っています。夏が楽しみです!

-田舎暮らし

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.