地域おこし協力隊

地域おこし協力隊についての質問と実際に活動している僕の回答

投稿日:

僕は業務上、Yahoo!やGoogleなどの検索サイトで「地域おこし協力隊」というキーワードで検索をすることがあります。

色々と参考になるので「フムフム」と鼻息を荒くして見ているのですが、その中に気になるものがありました。「OKwave」(簡単に言えば質問を書いておいたら誰かが答えてくれるサイトです)なのですが、その質問というのが以下のものです。

地域おこし協力隊に興味をもっています。ただ気になることがあります。地域おこし協力隊は希望する業務欄に書かれているとおり、観光や農業などの分野で自由に企画をおこなえるものなのでしょうか。行政の立場からしたとき、ボランティアという扱いでとらえ方をしていて、新規の提案などが認められないということはないでしょうか。今村奈良臣さんの農業の第六産業という考え方に共鳴することがあって、この制度を使って、食品加工分野で経験を積みたいと考えたのですが、難しいでしょうか。

なるほど。この方は「自由に企画をたてて活動したいのだけれども、行政はそれを認めてくれるのだろうか?」という事が知りたいのですね。で、この質問には回答がついていてそれが以下のものです。

地方自治体も、決定権を持つレベルの方々はそれはもうかなり忙しいので、よほどの影響力がない事業や組織でない限り、イチからの事業や活動を一緒になって検討してもらうのは難しいことです。

協力隊でもNPOでも、その土地に入り込み、人脈を築き、「この人の周りには(人や活動の)渦ができる」状態にまでもっていくことができれば、自治体もその団体や人を認めます。
既にその地域での影響力が大きい組織でもない限り、「●●という組織にいる人だから」という理由だけではなかなか補助をたくさん貰えるような活動はしにくいでしょう。むしろ、人脈を作り、地元の民間などから補助を集めてなにか仕事をして実績をつくり、その回数を重ねて、地域の自治体に「こいつは無視できないぞ」の状態を作る、というほうがよく見聞きするケースです。
もちろん、企画をつくり、補助なくして実施できる経済基盤があれば、比較的自由な活動ができる可能性もありますが、最終的には自治体とのタッグに持ち込めることが理想と考えるので、あまり自由に活動しすぎるのも考えものかな、と思います。

この回答者の方が地域おこし協力隊の方なのか行政の方なのか、全く関係のない人かどうかはわかりませんが僕の回答はちょっと違うのでここに記しておきます。(実際に地域おこし協力隊で活動をしているので少しは参考になるかと思います)

地域おこし協力隊は活動を自由に企画できるのか?

まず、「自由に企画が行えるかどうか」ですがこれはどの地域に配属されるかで全く答えが変わってくると思います。

僕の場合は山口市に所属しているのですが、活動はかなり自由にやってます。例えば、僕は週2日地元の農業法人「嘉年ハイランド」で活動を行っており、企画を立てたり実行させて頂く事に関してはかなり自由です。(もちろん、嘉年ハイランドの理事会の承認を得なければなりませんが)報告は必須ですが、企画について行政サイドからストップがかかる事はよほどの事がない限りないと思います。ですから「自由に企画が行える」と言えると思います。

ただし、これはあくまで山口市の話で、そうでない地域もあるようです。僕が聞いた話では「町のこの集落でこういう事をしたい」と企画すると「町の地域おこし協力隊なのだから、町全域の為になる活動をしてほしい。」と言われ却下されたそうです。地域おこし協力隊一人で町全域の為になる活動となると浅く広くになってしまって、効果的な活動ができないのではと僕は思うのですが、まぁそういう地域もあるらしいです。
ですから地域おこし協力隊の面接などで「私はこのような活動がしたくて応募しました!」という事を明確に示して、行政サイドとしっかりと話し合う事が絶対に必要だと僕は思います。

地域おこし協力隊はただ言われたことをやる存在なのか?

「ボランティアのような扱い」になるかどうかという事ですが、これも地域によってはあり得る話です。僕の場合は上で書いているように自由に活動をしています。行政から「これやってね」と言われる事は、たまにある報告会への参加程度です。(ホント、恵まれてますね。)ですからこのような自治体であれば大丈夫ですが、中には「言われた事をやる人」を求めている自治体もあるかもしれません。寡聞にして、そういった例は聞いた事がないのですが、そういった事が気になる場合も募集している行政サイドへの質問が必要だと思います。

回答者の「最終的には自治体とのタッグに持ち込めることが理想と考えるので、あまり自由に活動しすぎるのも考えものかな、と思います。」という一文ですが、僕は全くそうは思いません。僕たち地域おこし協力隊の仕事は「地域おこし」です。地域を活性化させる事が目的であれば必ずしも自治体とタッグを組む必要はないと思いますし、自由に活動すべきだと思います。

「行政サイドの言ってることじゃ…地域おこし協力隊じゃなくて、地域看取り協力隊になっちゃうよ…。」という事もあるかもしれませんし。僕は活性化させる為に仕事をやっているのであって、地域が消滅していくのを看取るための仕事をやっているつもりはさらさらありません。

というかこういうピンポイントの質問って、掲示板に書くよりも当事者に直接聞いた方が早いと思うのですが…。もしこのブログをご覧の方でこういった質問をお持ちの方は、僕にご連絡下さい。分かる範囲であればなんでもお答えします。

-地域おこし協力隊

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.