阿東(あとう)とは?

「いなかプラス」の舞台の多くは、(今のところ)山口県山口市阿東(あとう)という地域です。
2010年に山口市に編入するまでは阿東町(あとうちょう)という町でした。名前の由来はもともとあった阿武郡(あぶぐん)の東の地域だからだそうです。

 
山口市の北部に位置し、木戸山という峠にあるトンネルを抜けるとそこが阿東町。太古の昔、湖の底だったこの地には、田んぼの中にオレンジ色の瓦のかわいい家が点在しています。

 
美味しいりんごと梨が収穫でき、SLが蒸気を上げ、牛が放牧され、秋には紅葉で渓谷が染まり、冬には白銀で覆われる…そんな美しい田舎です。

このページでは、もう少しだけ詳しく阿東のことについてご説明します。

 


地理

阿東は山口県山口市の北部に位置する地域で、萩市や島根県の津和野町と隣接しています。標高が高く、積雪するため「山口の北海道」などとも言われたりします。
実際、夏でもクーラーがあまり要らないくらい涼しい地域で避暑にも適しています。

産業

農業が主な産業です。寒暖の差が大きいため美味しいお米が取れる米どころとして有名なほか、西日本最大の規模を誇るりんごの生産地でもあり、同じ果樹である梨も有名です。阿東地域の名を冠した「あとう和牛」は、これを求め県外からのお客さんも多くいらっしゃる名物です。
その他、トマトやわさび、牛乳やはちみつなども生産している地域です。

観光

西日本最大のリンゴの生産地ということを活かした、リンゴ狩り体験や梨狩り体験が人気です。
紅葉のシーズンには美しく彩られる渓谷「長門峡(ちょうもんきょう)」に多くの人が訪れます。そのほか、オートキャンプ場である十種ヶ峰ウッドパークや観光としても楽しめる船方総合農場などがあります。

イベント

様々なイベントがあり、ここには紹介しきれないのでイベントだけを紹介するページを作る予定です。いましばらくお待ちください。

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.