農業

ヤンマ—のカレンダーの一工夫が面白い

更新日:

農事組合法人、嘉年ハイランドは年末のこの時期、お取り引きがある様々な会社からカレンダーを頂くのですが、今まで農業に縁のなかった僕は「こんなカレンダーがあるのか!」と一人で興奮してます。

中でも家畜がかかる病気や使用可能薬剤などを記した「畜産カレンダー」はとても珍しいので是非下さいとお願いして家に飾っています。これでいつ家畜が病気になってもカレンダーを見れば安心です。家畜を飼ってないのが非常に残念です。

さて、その中でも僕が驚いたのは「ヤンマー」さんのカレンダーです。そう、あの小さな物から大きな物まで♪で、有名なヤンマー株式会社さんですね。

それが⬇のカレンダー。よくご覧下さい。

 

ヘリ・カレンダー
「ん?ヘリコプターが写っているだけで、なにもおかしいところは無いんじゃないの?」

と思われる方も多くいらっしゃるかもしれません。(ちなみにこれはラジコンヘリで、農薬を散布するためのものです。救助用の物とかではありません)

ですが、よ〜く見て下さい。

そう!「7・8・9月が不自然に大きい」んです。

ヘリ・カレンダー

⬆他の月と二倍以上の面積差があります。

これはヘリで散布する月が7・8・9月だからという事のようです。「この大きな月のいつにするか計画たててね」という無言のプレッシャーをかけてくるようですね。

今はだんだんカレンダーを配布する企業も少なくなってきましたが、こういう業界ならではのカレンダーは面白いものです。

-農業

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.