農業

日本とタイ、それぞれのコメ。

更新日:

世界でも米は愛されています。タイは熱帯ということもあり、日本の2.7倍もの米を生産しています。

日本のお米とはかなり違うのですが、タイのお米も僕は好きです。

米騒動と外米

「外米」という言葉があります。外国から輸入されたお米の事です。

1993年、日本は記録的な冷夏に見まわれ稲の生育不良によるコメ不足が生じました。その結果、消費者は買いだめしようとし、販売側は売り惜しみをするようになり店頭からコメが消え「平成の米騒動」とも呼ばれる事態に陥りました。

その結果、タイや中国、アメリカから米が輸入される事態になったのですが、その当時こういった外国産米は「外米」と呼ばれ人気がでませんでした。様々な風評被害の影響もあったのですが、大きな原因は味にありました。

日本のコメは「ジャポニカ種」、タイ米は「インディカ種」に属しており味や性質が全く違います。その違いへの理解がなくインディカ種にジャポニカ種と同じような性質を求める人が多かったのです。それはいわばキャベツにブロッコリーの性質を求めるようなもので(どちらもアブラナ科アブラナ属です)、どだい無理な話です。また、性質が違うため炊き方も大きく違うのですが、その周知がされてなかったのも問題のようです。

その結果1993年の米騒動を経験した人の多くは「外米はまずい」というイメージを持っています。好みの問題であればしょうがないのですが、食わず嫌いだとしたらもったいないよなぁ…と思います。

タイのお米

僕はタイを旅行した事があります。その時は当然タイのお米を食べる訳ですが、美味しいと思いました。

タイの料理
↑タイ料理「ガパオ」とご飯。確か…200円しませんでした。

確かに日本のお米とは全く食感が違います。粘り気が少なく、パラパラとしています。ですが、スパイシーな料理とよく合います。また、タイの暑さの中でも食欲を失わないような食感です。

僕は暑い夏の朝、炊きたての御飯だと「暑苦しいな」と思ってあんまり食欲が出ません。そんな時は冷や汁などでサラサラかきこむと大丈夫なのですが、タイのご飯は粘り気が少ないためか「炊きたての熱々だよ!!」という主張をあんまりしてこない気がするんですよ。だから食が進むというのもあるのかもしれません。

また、タイ米は焼き飯に非常に向いています。タイで焼き飯は「カオパット」と言いますが、とりあえずハズレがない位に美味しいのです。

というのも粘り気が少ないコメなので、パラパラになりやすくコメ自体に少し独特の香りがあるのでスパイシーな味付けがよく合うのです。

タイの焼き飯「カオパット」
↑タイの焼き飯「カオパット」これは豚肉を使ったカオパット・ムー。確か120円位。

タイのケンタッキーではセットメニューに米がついてくるなど、米への情熱を感じました。

タイのKFCのセットメニュー

 

日本のお米は日本人の口にあうよう品種改良が進められてきたので、とても美味しく、毎日食べても飽きません。
ですが、たまにはタイ米も良いものですよ。ジャスミンライス(香り米)のチャーハンがオススメです!

-農業

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.