田舎暮らし

軽トラックの荷台に人を乗せて走行しても良いのか?

更新日:

僕が田舎で体験したことの中で素晴らしいと思ったものの一つに、「軽トラックの荷台に乗る」という事があります。田舎の景色の中、走行する軽トラの荷台に乗ると開放感があって、まるでアラジンの魔法の絨毯に乗ったような気分になるんですよね。

ま、それは言い過ぎだとしても実際、農家体験をした際に楽しかったことの一つに「軽トラの荷台に乗った事」を挙げる人は多いんです。

とはいえ、「軽トラの荷台に乗るのはマズイ」とされることも多いので、本当に軽トラックの荷台に人が乗ってもいいのかどうかを調べてみました。

道路交通法の規定

道路交通法55条では、

車両の運転者は、当該車両の乗車のために設備された場所以外の場所に乗車させ、又は乗車若しくは積載のために設備された場所以外の場所に積載して車両を 運転してはならない。ただし、もつぱら貨物を運搬する構造の自動車(以下次条及び第五十七条において「貨物自動車」という。)で貨物を積載しているものに あつては、当該貨物を看守するため必要な最小限度の人員をその荷台に乗車させて運転することができる。

と規定されています。つまり、貨物を載せている時にそれを見守る(押さえる)ために最小の人数ならOK、それ以外はダメということですね。ただし、道路交通法で規定されているのは公道なので、私有地にはこの法律には適用されません。つまり、私有地であれば問題ありません。

許可を取得することも可能

第56条第2項によれば、出発地警察署長の許可があれば、許可の範囲で荷台に人のみを乗車させて運転できることになっています。荷台乗車許可申請をして、許可が下りれば貨物がない場合でも荷台に人が乗って公道を走る事ができます。(とはいえ、手間がかかりますが)

保険は適用されるのか?

法的に問題がない場合でも、気になるのが保険の適用です。「搭乗者傷害保険」は室内の乗るための場所(シート)に乗っていなければ適用されませんので、荷台に乗っている人は適用されません。また、保険の性質上単独事故の場合も荷台に乗っている人には適用はされないでしょう。保険を適用するというのは難しそうです。(詳しくは各保険会社にお問い合わせ下さい)

と、いうことで「法的には問題ない場合もあるが、保険は適用されないので十分に注意すること」というのがこの問題の答えのようです。くれぐれも気をつけて快適な田舎体験をされて下さい。

-田舎暮らし

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.