田舎暮らし

家に侵入していたイタチを捕獲しました!

更新日:

ブログを3日休むと言っていたのが21日、ということは25日から書かなければいけないはずなのに今日は27日…。2日もオーバーランしてしまいました。すみませんすみません! 結局、情報発信の方法が決まったかと言われると微妙で、まだまだ考えないといけないとは思っているんですが道筋がほんの少し見えてきたかもしれないです。 さて、それはともかく。。。 イタチが…やっと…やっと捕獲出来たんですよ! 今日はその一部始終を語りたいと思います。

イタチを罠で捕獲

以前も書きましたが、家になぜかイタチが入ってきたワケです。どこからともなく。3月8日に入ってきたのでかれこれ1ヶ月以上家の中に居座って、たまにゴミを荒らすという迷惑行為を連発していたわけです。 しかも、イタチの足音ってうるさいんですよ。人が気分よく寝ている夜中にドタドタドタと廊下を駆け抜けていく音をさせるので、安眠まで妨害するというタチの悪さ。もうちょっと静かにコソ-ッとできないんですかね?自分の存在気づかれたらマズイんだから忍べよ! 僕は地方都市育ちなので、家の中に獣が入ってくる経験など無く、イタチだとなんとなくわかっていても夜に足音がするとドキッとするわけです。これはとてもストレスになりました。 で、大家さんに小動物用の鉄製の檻の様な罠(箱罠)をお借りしました。中に餌をつけておいて餌を触ったら扉が閉まるというアレです。餌として鶏肉をひっかけ、玄関に置いておきました。 毎日、「今日はかかったかな?」と思って意気揚々と見に行くわけですが、なかなかかかりません。 そんなこんなしているうちに餌の鶏肉の水分が抜けながら腐り始めて、甘いような腐臭を玄関に撒き散らしはじめました。帰宅するとまずはじめにこの腐臭がお出迎えしてくるというなかなかハードな事態になりつつあったわけです。 よくわかりませんがこれは風水的にも最悪なのではないかと思います。「玄関に腐った鶏肉を置いてるんです」とか言ったら、Dr.コパさんにものすごい勢いでビンタかまされそうだな…と思いながら「いや、水分も抜けてセミドライのジャーキーみたいになってきたし、ギリギリセーフだよ。これは。」と現実逃避をしていました。(完全にアウト) でもさすがにこれは良くないなと思って、「さすがに明日は餌交換しよ」と思って眠りにつきました。 その翌朝、まどろんでいるとチャイムの音が。寝室のガラス戸から除いてみると大家さんでした。(大家さんがいらした理由はイタチとは全く関係ないです)早速、玄関を開けようと思って玄関に行くと、なんとイタチが罠の中でガタゴトうごめいているではありませんか! しかも体長40~50センチとかなり大きい個体で、まるまる太ってます。 イタチ 驚いて、楳図かずお先生の漫画のごとく「ギャー!!」と言いそうになりましたが、穫れた嬉しさもあったので「やった!」と小さく呟きながら玄関を開けて大家さんに「イタチが穫れましたよ!」と報告すると、「おお!とれたか!それはエエけど置いといたら臭くなるで」と仰って罠ごと外に出していただきました。 「イタチの最後っ屁」とも言うように、イタチは非常に臭いガスを出します。驚いたのでしょう、罠を外に出した際にもこのガスを放出したのですが、これが尋常じゃなく臭いのです。直撃したら脳がでんぐり返るような匂いです。 見た目はカワイイのですが、一旦家の中に入ると厄介なイタチ。「絶対返ってくるな!」と言いながら山に放ちました。 イタチ よくよく考えてみると、イタチが家に住み着く前はたまにネズミが出て粘着シートに引っかかっていたのですが、イタチが入ってきてからは全く引っかかっていませんでした。丸々と太っていたのはネズミを食べていたからかもしれませんね。 ……家の中で食物連鎖おこされても。(しかも結構上位ランクで)

 

-田舎暮らし

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.