田舎暮らし

雪国あるある!危険な雪塊の落下。

投稿日:

一週間ほど雪は降っていませんが、嘉年にはまだまだ雪が残っています。

今日は気温が低いものの、日が照って徐々に雪が屋根からすべり落ちていっていました。

この「すべる」事を山口では「ずる」といいます。なので、雪が滑って屋根から落ちそうなときは「はぁ、雪がずっちょる」と嘉年の皆さんは仰ります。

雪国の方であれば同意して頂けると思いますが、この「ずる」雪はなかなか危険なのです。

屋根から滑り落ちる雪

たとえば、上図の雪は倉庫の屋根の波でまるでパスタやマカロニのように綺麗に整形て滑っていますが、この時点で屋根がない部分が1メートル近くなっています。

嘉年の農協前

ひいて見てみるとこんな感じ。その他のものと比べて頂ければかなり「ずっている」事がお分かり頂けると思います。

もちろん屋根がない部分はいずれは落ちます。しかも圧縮されて塊になっているのでかなり危険です。

落下した雪の塊

↑落下した雪の塊。直径50cm以上はあります。

この雪の塊にあたったら痛いどころじゃなく、怪我するだろうな…と。

ちなみに、僕はこの「ずっている雪」に全然気付かず、嘉年ハイランドに行った時に事務の田中さんから「危ないから注意したほうが良いよ」と教えて頂いて初めて気づきました。ふぅ、命拾いしましたね。

スカイツリーからも雪の塊が落下

最近、東京でも大雪(?)が降りましたがスカイツリーから雪の塊が落ちて大変な事になっているみたいです。

うわっ危険! 東京スカイツリーから巨大雪塊が落下しまくり/Pouch[ポーチ]

あんだけ高い所から落ちてきたらたまったものではないですね。なんでも周囲100メートルに降っているのだとか…。確か雪を溶かす用のヒーターがあったはずなんですが、効いてないのでしょうか。

まぁ、ともかく雪が降った後は頭上に注意したほうが良さそうです。もちろん足元にも気をつけないといけませんが……。

 

余談ですが、まだ正月飾りを玄関に飾ったままです。節分も過ぎたので早く片付けないと…。「男やもめに蛆がわく」とはこのことですね。

正月飾り

写真撮ってる暇あるなら片付けろって話ですね(笑)

-田舎暮らし

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.