田舎暮らし

消防団に入団しました。

投稿日:

タイトルの通りなのですが、2014年1月1日付けで消防団に入団しました。山口市消防団嘉年分団に入団したということになります。

雪などが重なって2月6日の辞令交付式に出席しました。

山口市消防団交付式

交付式で制服やヘルメットなどの一式を段ボールで渡され、制服に着替えて交付式に臨みました。僕と同じ時期に入団された方はもう2名いらっしゃいました。計三名だったのですが、交付式には各長など、15名ほどの職員の方たちが同席されたので少し緊張しました。(そもそも消防団がなにかよくわかってないこともありますが)

交付式自体は15分位で終わり、その後簡単な説明を受け終了といったごく短いものでした。

消防団について

消防団員制服

そもそも今まで消防団に触れる機会がなかったので、消防団というものがなんなのかよくわからなかったのですが、非常勤の特別職地方公務員という扱いになるようです。(もちろんですが一般企業などにお勤めの方でも要件さえ満たしていれば入れます)

ということで、地域おこし協力隊と消防団員という公務員の二足のわらじのような状態になったわけです。地域おこし協力隊員は過疎地域にいることが多いので、自然と消防団に入団するケースが多いようです。

一般的に火災や事故などが合った際に消防活動をするのが消防団員の仕事です。また、山で遭難した人の捜索などもあります。嘉年分団でも実際に数年前、行方不明になった方を捜索されたことがあったそうです。

まだ訓練を受けてないので右も左もわからない状態ですが、有事の際にきちんと役に立てるように頑張ります。

-田舎暮らし

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.