*

大事なのは、迎え手よりも送り手。

山口新聞はかなり地域密着型の新聞で、阿東地域担当の方とは色々な所でお会いします。

その山口新聞の5月14日の朝刊に地域おこし協力隊としての活動を取り上げて頂きました!ありがとうございました!

山口新聞

その日はちょうどコラムを書いた日と重なって2箇所も出ていて、多くの地域の方から「見たよ!」と声をかけていただきました。

とにかく、地域おこし協力隊というのはまだまだマイナーなので、こういった形で知ってもらえると大変嬉しく、ありがたいです。

それが大前提なのですが、自戒することもあります。

それは「今メディアの方に取り上げて頂いているのは、物珍しさと期待感があるから」だということです。

迎え手より送り手

落語家の柳家喬太郎師匠は、師匠である柳家さん喬師匠から「迎え手よりも送り手の大きな芸人になれ」と言われたと何かのインタビューで語っておられました。迎え手とは、高座に落語家が登場した時の拍手、送り手は落語を語り終えた落語家を送る拍手のことです。

つまり、迎え手は「期待感」からする拍手、送り手は「結果」にする拍手。さん喬師匠は喬太郎師匠に「期待よりも結果を出せる芸人でありなさい」という事を仰ったわけです。

 

地域おこし協力隊になると、ありがたい事にメディアや地域の方からかなり注目して頂けます。

僕もこの半年の間で、色々な取材を受けました。正直、「今までの人生で一番注目されてる!」といえなくもないのですが…それはいわば「迎え手」、期待されているからであって結果は何一つ出していないワケです。(まだ水面下の事が多いので)

3年の任期が終わった時(地域を去るわけではないんですが)「送り手」、つまり結果に対する評価が期待を上回るようにしなければと常々思っています。

※どんな形でも取り上げて頂けるのは大歓迎です!

 

The following two tabs change content below.

平山徹

地域おこし協力隊として、(農)嘉年ハイランドなどで活動中。 阿東に住み始めて1年半。ゴールデンウィークに体調を崩して寝て過ごすハメに。風邪の時にはにゅうめんが美味しいですね。

関連記事

松本宏之さん

山口市阿東地域の地域おこし協力隊を紹介します!

山口市の地域おこし協力隊は、阿東地域か徳地地域に配属されていて、現在ど...

記事を読む

地域活性化でも、方向性の違いは結構大きい。

地域おこしや地域活性化というのは、なんというかニッチな分野なのでよく誤...

記事を読む

田んぼ

農業に関わる際に気をつけているたった一つのこと。

僕の活動先として、農業法人の嘉年ハイランドがあります。 嘉年ハイ...

記事を読む

阿東味めぐりセット

五地域のお米を楽しめる商品を開発しました。

阿東は元々5つの村が集まって1つの町になった地域です。 篠生・生...

記事を読む

新着記事

菜の花とアンチョビのパスタ

菜の花とアンチョビのパスタ

(以下、長い前置きなので飛ばして下さい。。。) 5月に入って日中と朝...

記事を読む

はぜかけ米

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その3〜

この記事は前回の続きです。 3〜5日目 僕は兼業農家(?)なので、...

記事を読む

はぜかけの仕組み

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その2〜

この記事は前回の続きです。 バインダーは稲を一束ずつ刈って(何束...

記事を読む

タヌキ

雨の夜道にタヌキがいる理由。

田舎の道路には様々な生き物が飛び出します。 僕も阿東に来てから、いろ...

記事を読む

バインダー(農機具)

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その1〜

昨年、僕は1.9反(19a)ほどの田んぼで米作りをしました。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

菜の花とアンチョビのパスタ
菜の花とアンチョビのパスタ

(以下、長い前置きなので飛ばして下さい。。。) 5月に入って日中と朝...

はぜかけ米
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その3〜

この記事は前回の続きです。 3〜5日目 僕は兼業農家(?)なので、...

はぜかけの仕組み
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その2〜

この記事は前回の続きです。 バインダーは稲を一束ずつ刈って(何束...

タヌキ
雨の夜道にタヌキがいる理由。

田舎の道路には様々な生き物が飛び出します。 僕も阿東に来てから、いろ...

バインダー(農機具)
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その1〜

昨年、僕は1.9反(19a)ほどの田んぼで米作りをしました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑