地域おこし協力隊

地域おこし協力隊として半年が過ぎました。

更新日:

早いもので、地域おこし協力隊として活動を始めてから半年が経過しました。

正直な話、自分としてはまだ何も形にできていないので焦る気持ちがあります。勿論、焦ってもどうにもならないので変に右往左往したりしないようにはしたいと思うのですが、思うところはやっぱあります。

現在、もう少しで形になりそうな企画が2つあるのですが、当初のイメージより4ヶ月以上進捗が遅れています。

シビアな話にはなるのですが地域おこし協力隊として、業務の優先順位付けとどんな活動をするか否かをもっとコントロールしていく必要があるなと感じています。色々な地域あって、地域おこし協力隊に求められることは様々ですが、これは多くの地域おこし協力隊に共通する所ではないかと思います。

嘉年の農業は5年後、10年後を見すえた時に非常に危機的な状況にあります。

そして、農業が終わったら地域も消滅するのは間違いない事だと思います。

だからこそ、自分は今何をやるべきなのか。

時には残酷で非情ともとられる決断になってしまうこともあるかもしれませんが、何としてでも結果に結びつく道を進む覚悟をどれだけ持てるか。

正直、この6ヶ月は少なからずお客様気分があったと思います。

地域おこし協力隊の任期は残り2年半。農業復興、嘉年の捲土重来を目指して悔いの残らないよう、自分にできることを精一杯やっていきたいと思います。

 

似顔絵

↑ホウレン草を作っておられる小野村さんに書いて頂いた似顔絵です!
本物の300%増しで描いてもらいました!ありがとうございます。

-地域おこし協力隊

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.