地域おこし協力隊

個人事業主として開業しました。

更新日:

定住を目指す地域おこし協力隊員

地域おこし協力隊員の最終的な目標は「その地域への定住」です。実際、定住率がこの事業の成功の可否を図る1つの指標になっているらしく、生業(なりわい)を作るための研修なんかも開催されています。…ちなみに僕はセミナーや研修の類が大嫌いなのでよっぽどのことがない限り行きません(笑)

地域おこし協力隊の任期は最高3年です。3年後には仕事の少ない地域で無職になってしまうので、盛んに生業作りということが言われているわけです。

ですが、地域おこし協力隊としてのみ働いて、活動終了後いきなり起業というのはリスクが高いんじゃないかなと思います。(僕は会社経営や起業の経験がないので尚更)

副業OKなので開業することに。

ということで、このたび個人事業主として開業しました。

地域おこし協力隊の活動は週4日、それ以外はフリーなので個人事業主として働いて事業のイロハを実地で学んでいこうと思います。個人事業主は確定申告が必要なのですが、今までも確定申告はしていたのでそんなに抵抗はなかったです。

ちなみに…地域おこし協力隊は副業OKです。他の地域では法人を立ち上げた協力隊員もいらっしゃいます。僕は消防団員でもありますが、消防団員も副業(というか本業)しても良い公務員なので、そういう立場だと思っています。(もちろん協力隊員としての活動とは線引きしています)

というか副業禁止だったら経済的にちょっと厳しい(僕は大丈夫ですが、ご家族がいらっしゃる方もいるので)部分もあるので、なかなか協力隊員の成り手がいないと思います。今でさえ協力隊員の取り合いのような状況らしいですし…。

本当はもっと早くに開業したいと思っていたのですが、4月1日に開業(書類上)ということで覚えやすいかなと思っています。実は…もう一人の山口市阿東地域の協力隊員である松本さんに先を越されてしまい、焦ったというのもあります(笑)

個人事業主としてのミッションも『衰退する地域を活性化させる』ことなので、協力隊員としてだけではなく事業主としても活動することで地域活性化に今まで以上に力を注ぐことが出来ると思っています。

 

当面はWEB関係をボチボチやります。

松本さんは中小企業診断士の資格をお持ちなので、その方面の仕事を。僕はもともとWEB関係の仕事をしていたので、WEB関係の事業を行います。とはいえ、協力隊員としての活動等がいま詰まってきている状況なので、事業主としての活動はボチボチやろうかと思っています。

※分かる人ならわかると思うんですが、WEB関係ならstingerをカスタマイズもせずに使うな!(今現在)て感じかもしれませんが、そこは紺屋の白袴ということでお願いします。そもそも僕はデザイナーではなくてマーケッターなので…。

もし、WEB関係のお仕事があったらいつでもご連絡いただければと思います。地域おこしに関係するお仕事だったらお値段の方は勉強させて頂きます!

-地域おこし協力隊

Copyright© いなかプラス , 2017 All Rights Reserved.