*

昔の田の肥料作り

これは約60年前の嘉年の様子を上田明子さんに聞いた物を元にして書きました。
嘉年には台山というちょっとした山があります。台山という名前の通り、上が平らになっています。
今は木が生い茂っている山なのですが、昔は草しか生えていない草刈り場だったそうです。
9月2日になると村中総出で、台山の草を刈りとるのが恒例でした。その事を「シバ刈り」と呼んでいたそうです。

(「シバ刈り」と言っても桃太郎のおじいさんの「柴刈り」は燃やすための枝を刈る事なので「しば」違いのようですが、桃太郎の「柴刈り」は本当はこっちの「シバ刈り」かもと思ってネットで色々検索しました。)

刈り取った「シバ」は何にするかというと、「としゃく」と言って木を中心に立てて、そこに結んでいきます。

 

としゃく
↑これが「としゃく」です。
春、雪がとけた頃にその「としゃく」のシバをほどいて、20〜30cmの長さに切ります。その時に使うのが「押し切り」という道具なのですが、ちょうど紙の裁断機の様な道具です。

シバは田の肥料にします。それぞれの田の一角に切ったシバと「大肥(だいごえ)」を混ぜ合わせたものを作り、上から水をかけておきます。

大肥というのは、簡単にいえば牛の使用済み敷き藁の事で、牛の糞尿と敷き藁が混ざり合った物です。そして、田んぼに鋤きこんでいきました。その当時の1反あたりの収量は5、6俵。現在の8、9俵とは大幅に違いますが、完全な有機栽培ですね。

 

上田さんにはいつも面白い昔話を伺っています。いつもありがとうございます!

The following two tabs change content below.

平山徹

地域おこし協力隊として、(農)嘉年ハイランドなどで活動中。 阿東に住み始めて1年半。ゴールデンウィークに体調を崩して寝て過ごすハメに。風邪の時にはにゅうめんが美味しいですね。

2014/01/17 | 嘉年

関連記事

しめ縄をなう

しめ縄を作りました。【注連縄】

10月2日に嘉年森山八幡宮の秋のお祭りがあることは神楽の記事でも書きま...

記事を読む

鍾馗の練習

神楽を練習中です!

先日、土居神楽の記事でも書きましたが、現在神楽を練習しています。 ...

記事を読む

土居神楽の面

土居神楽舞の歴史

前回の更新からかなり期間が空いてしまいました。その間ずっと松本さんの記...

記事を読む

嘉年の夏祭り

嘉年の慰霊祭&夏祭り

今年の嘉年の盆はあいにくの天気で、雨が降ったりやんだりが続いています。...

記事を読む

ゆうすげ

ゆうすげが咲いています。

台風一過。晴天でした。 当初は勢力も強かったので心構えをしていま...

記事を読む

新着記事

菜の花とアンチョビのパスタ

菜の花とアンチョビのパスタ

(以下、長い前置きなので飛ばして下さい。。。) 5月に入って日中と朝...

記事を読む

はぜかけ米

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その3〜

この記事は前回の続きです。 3〜5日目 僕は兼業農家(?)なので、...

記事を読む

はぜかけの仕組み

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その2〜

この記事は前回の続きです。 バインダーは稲を一束ずつ刈って(何束...

記事を読む

タヌキ

雨の夜道にタヌキがいる理由。

田舎の道路には様々な生き物が飛び出します。 僕も阿東に来てから、いろ...

記事を読む

バインダー(農機具)

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その1〜

昨年、僕は1.9反(19a)ほどの田んぼで米作りをしました。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

菜の花とアンチョビのパスタ
菜の花とアンチョビのパスタ

(以下、長い前置きなので飛ばして下さい。。。) 5月に入って日中と朝...

はぜかけ米
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その3〜

この記事は前回の続きです。 3〜5日目 僕は兼業農家(?)なので、...

はぜかけの仕組み
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その2〜

この記事は前回の続きです。 バインダーは稲を一束ずつ刈って(何束...

タヌキ
雨の夜道にタヌキがいる理由。

田舎の道路には様々な生き物が飛び出します。 僕も阿東に来てから、いろ...

バインダー(農機具)
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その1〜

昨年、僕は1.9反(19a)ほどの田んぼで米作りをしました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑