*

嘉年・地名の由来と変遷

嘉年(かね)の地名の由来は、阿武川の源流であることから河の根「河根(かね)」からつけられたというのが有力な説のようです。実際、嘉年の水源地「水出の泉」は平安時代より朝廷の御領として水神様が奉祀されていたということもあり、その歴史はかなり長いものだと思われます。以下に分かる範囲で嘉年の地名の変遷を記述してみました。

 

中世(南北朝~戦国期)は「賀年」

南北朝~戦国期に「賀年郷(かねごう)」という郷名が文和元年(1352年)8月10日付の大井八幡宮御祭礼諸郷鼓頭出仕座配本帳(簡単にいえば座席表ですね)の右座七番に「嘉年郷」という地名があることから少なくともそれ以前から「賀年郷」があったということが伺えます。

その当時、嘉年郷は長門・周防・石見国境の交通・軍事上重要な地域であり、当時は「賀年城」がありました。賀年城では記録に残っているだけで少なくとも3回以上の合戦があり、実際はそれ以上の戦闘があったと考えられます。

 

近世(江戸~明治初期)は「賀年郷から嘉年村へ」

慶長15年(1610年)の検地帳に賀年郷は3,564石余の石高であったことが記されています。一石は大体2.5俵なので8,910俵程度の収量がある郷だったということがわかります。(当時とは面積も労力も違うので比較にはならないかもしれませんが、現在の嘉年地域では24,000俵程度の収量があります。)
嘉永2年(1849年)の検地帳には賀年、「元禄郷帳」には賀年村、「天保郷長」に加年村としてその名を見つけることができます。

明治初期に嘉年上・嘉年下の2か村に分かれるものの、明治22年に嘉年上・嘉年下が合併して嘉年村となります。

 

近代(明治22年~昭和30)の嘉年村

嘉年村となった後、昭和の大合併まではその名を維持します。明治24年の人口は2,163人(男性1,139・女性1024)でした。現在は480人なので4分の1以下に減少しています。

 

昭和の大合併で阿東町、平成の大合併で山口市に

昭和30年に嘉年村は周囲の4村(徳佐・生雲・篠生・地福)と合併し、阿東町となります。(いわゆる昭和の大合併)嘉年の地名は阿東町の大字に継承されます。その後、平成22年に阿東町は山口市に吸収合併され、嘉年は山口市阿東嘉年上・嘉年下となりました。

 

The following two tabs change content below.

平山徹

地域おこし協力隊として、(農)嘉年ハイランドなどで活動中。 阿東に住み始めて1年半。ゴールデンウィークに体調を崩して寝て過ごすハメに。風邪の時にはにゅうめんが美味しいですね。

2013/12/15 | 嘉年

関連記事

しめ縄をなう

しめ縄を作りました。【注連縄】

10月2日に嘉年森山八幡宮の秋のお祭りがあることは神楽の記事でも書きま...

記事を読む

鍾馗の練習

神楽を練習中です!

先日、土居神楽の記事でも書きましたが、現在神楽を練習しています。 ...

記事を読む

土居神楽の面

土居神楽舞の歴史

前回の更新からかなり期間が空いてしまいました。その間ずっと松本さんの記...

記事を読む

嘉年の夏祭り

嘉年の慰霊祭&夏祭り

今年の嘉年の盆はあいにくの天気で、雨が降ったりやんだりが続いています。...

記事を読む

ゆうすげ

ゆうすげが咲いています。

台風一過。晴天でした。 当初は勢力も強かったので心構えをしていま...

記事を読む

新着記事

菜の花とアンチョビのパスタ

菜の花とアンチョビのパスタ

(以下、長い前置きなので飛ばして下さい。。。) 5月に入って日中と朝...

記事を読む

はぜかけ米

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その3〜

この記事は前回の続きです。 3〜5日目 僕は兼業農家(?)なので、...

記事を読む

はぜかけの仕組み

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その2〜

この記事は前回の続きです。 バインダーは稲を一束ずつ刈って(何束...

記事を読む

タヌキ

雨の夜道にタヌキがいる理由。

田舎の道路には様々な生き物が飛び出します。 僕も阿東に来てから、いろ...

記事を読む

バインダー(農機具)

天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その1〜

昨年、僕は1.9反(19a)ほどの田んぼで米作りをしました。 ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

菜の花とアンチョビのパスタ
菜の花とアンチョビのパスタ

(以下、長い前置きなので飛ばして下さい。。。) 5月に入って日中と朝...

はぜかけ米
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その3〜

この記事は前回の続きです。 3〜5日目 僕は兼業農家(?)なので、...

はぜかけの仕組み
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その2〜

この記事は前回の続きです。 バインダーは稲を一束ずつ刈って(何束...

タヌキ
雨の夜道にタヌキがいる理由。

田舎の道路には様々な生き物が飛び出します。 僕も阿東に来てから、いろ...

バインダー(農機具)
天日掛け干し米(はぜかけ米)の苦労。〜その1〜

昨年、僕は1.9反(19a)ほどの田んぼで米作りをしました。 ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑